ホーム  >  レイキヒーリングシステム  >  レイキ-世界中で300万人が実践する癒しの手
レイキ・ヒーリングシステム

たった1日でハンド・ヒーリングが身につく?
宇宙エネルギーを活用できるようになる?

悩んでいる人ほどレイキに向いているこんにちは。
ヴォルテックスの望月俊孝です。

私は今でこそ『宝地図』や『フォトリーディング』の 講師として夢実現、能力開発などの分野で マスコミなどにも取り上げられるようになりましたが、 『ヴォルテックス』『望月俊孝』と言ったら 『レイキ』が真っ先に連想される人の方が 多いと思います。

ところで「レイキって何?」という方も多いと 思いますので、少し説明させていただきます。

レイキは世界中で最も実践者が多く、人氣が高いとされている癒しのテクニック、 自己成長の手法です。

健康法を片っ端から調査・研究・実践する中で20 年前(1993 年)にめぐり合った手法です。たった2 日(2 日間連続でセミナーを受講しました)で、 私はレイキの虜(とりこ)になり、それ以来、今日まで実践し続けています。

なぜそれだけ魅力を感じたかを一言で言うと

『誰でもできる』

『カンタンにできる(しかも続けられる)』

『効果が高い(その場で効果を実感しやすい)』


とその場で実感したからです。

「これからレイキを学びたい」と考えているあなたへ

レイキを学ばれる直前の方々からいただく質問の中に、、、

  • 本当に誰でもカンタンに身につけられるの?
  • 健康だけでなく、心の安らぎや精神的な成長にも活用できるの?
  • 妊婦さんや具合の優れない方でも実践できるの?
  • 覚えることたくさんあるの?
  • 毎日続けることが無理なくできるの?
  • ヒーリングを周りの人にできるようになるの?
  • リフレクソロジーや氣功のような他のヒーリング手法とあわせて使えるの?
  • 人間関係の改善や人生の流れの改善などにも変化が期待できるの?

と言ったものがあります。

そして、ご質問をお持ちだった方々もセミナー後には

「本当に私にもカンタンにできました。しかも今日から使えるなんて嬉しいです」
「自分もそうだけど、家族にもとっても喜んでもらってます」
「レイキを受けてからとっても幸せな感じが続いています」
「ちょっと不安や疑いもあったけれど、本当に受講してよかったです」

と言ったお声を多くの方々からいただいています。

レイキで自分が変わり、人生の流れが変わるのを実感!

レイキは「だれでも・いつでも・どこでも・手軽に」できるテクニック。
年齢(2歳8ヶ月から95歳まで今までご受講いただいています)や生活スタイル、性別に関係なく、健康でイキイキと情熱的にそして精神的にも成長し、豊かな人生を与えてくれます。

自然体で氣軽に実践!

「レイキ」を学んだあとは、日々の生活の中に氣軽に楽しく取り入れられます。
無理することもなく、自然に実践すると、あなたは内側も外側もさまざまに変化していき、一層輝いた自分に出会えます。自然体で続けていきましょう。

10日も過ぎると「レイキを使わないでいると一日がスッキリとしないんですよ!」
と言うお声を頂くほど、生活の中に溶け込んでいきます。

20年で世界中を席捲した日本発祥のテクニック

日本経済新聞でレイキが紹介されました ところで「レイキってそもそも何?」なんて思う方も少なくないのでは?

ここでは、そんな疑問にお答えするため、レイキの歴史や基礎知識をご紹介します☆

レイキの発祥の地は日本。
ただ残念ながら、欧米と比べるとそれ程、知られていません。

しかし、世界中で推定300〜500万人という驚異的な数の実践者が活躍し、世界的にも最も人氣の高い癒しのテクニック、自己成長の手法です。
とくに、アメリカ・イギリス・ドイツ・イタリア・フランス・オーストラリア・カナダなどでは広く普及しています。
驚くことに英語版だけでも3千冊近くの「レイキ」に関する本がすでに出版されています。

アメリカの医学辞典にレイキが掲載されています その証拠に英語の辞書には『そば』『うどん』などと並んでよく知られている日本語として「レイキ:日本発祥の癒しのテクニック」として掲載されているのですよ。⇒日経新聞を拡大
日本に住んでいると信じがたいですよね。

また、2001年12月にはアメリカの医学事典「The Gale Encyclopedia of Medicine」並びに代替医療事典「The Gale Encyclopedia of Alternative Medicine」にも4ページにもわたり紹介されました。

このように、世界で代替医療のひとつとして、レイキが急速に普及しつつあります。

レイキの歴史

レイキの起源は20世紀初め。
臼井甕男先生(ウスイミカオ 1865.8.15〜1926.3.9)が京都の山中(鞍馬山)で21日間の断食修行の上、大きなエネルギーと啓示を受けられました。その後、鞍馬山を降り、自分自身にも、家族にも手を触れて験(ため)されたところすぐに奇蹟的な浄化や癒しが起こり続けたので、広く世の中の人に授けて喜びを共有したい、ということで肇られました。

鞍馬山 そのテクニックが『レイキ』と呼ばれています。

戦前、日本は「手当療法」の全盛時代でした。
その中心だったのが「レイキ」で、その影響を受けた人、流れを受け継いだ人は
実に100万人にも及ぶといわれていたほどです。

ところが戦後、様々な事情で「レイキ」は日本では途絶えたかのように思われていました。(連綿とごく一部の方に伝えられてきていましたが、、、)

その後、臼井先生のお弟子さんのお一人、林忠次郎先生により、日系2世のハワヨ高田(タカタ)先生に伝えられ、海外(ハワイ)にレイキは持ち込まれました。
高田先生が晩年22名の指導者(レイキ・ティーチャー)を養成されたことによって20数年で一氣に世界中に広がったのです。

私たちヴォルテックスでもレイキをお伝えし始めてから20年になりますが、その間、実に39,000名の方々にレイキをお受け頂き、喜んでいただいています。
(現在は東京・大阪・名古屋・福岡・札幌で定期開催しています)

ますます健康で元氣になるだけではなく、レイキを受講したことが人生のターニング・ポイント(転換点)になったという方々の姿も多数拝見してきました。

レイキ読本・誰でもできる癒しの手 そのエッセンスや受講生の喜びの声をまとめた『レイキ読本・誰でもできる癒しの手』(望月俊孝著)を現在、無料プレゼント中です。
すでに10万人以上の方々にお読みいただき、お喜びいただいています。

ロングセラーになっている拙著『癒しの手』『超カンタン癒しの手』(共に望月俊孝著・たま出版)の元になった内容です。


ご希望の方は、こちらからどうぞ ⇒ 無料小冊子お申込みページ

レイキの10大特徴

では、なぜ短期間にレイキはこれほどまでに広く世界中の人に受け入れられたのでしょうか?

そして世界中で最もポピュラーなヒーリング法・健康法として確固たる地位が築かれたのでしょうか?

その特徴を10項目にまとめると

レイキの10大特徴

レイキセミナーってどんなことするの?

レイキの講座は4段階あります。
第1段階(ファーストディグリー)を習得すればその日からすぐにレイキヒーリングができるようになります。
※各段階ともに講習時間7時間

レイキセミナー風景

レイキセミナーペアワーク風景 第1段階(ファーストディグリー)では、
アチューンメント(レイキを使えるようにするための個人指導)を4回(1回当たり約10分)、直接ティーチャーからお受けいただきます。
その結果、宇宙エネルギーが流れる回路が開かれます。

そして12の基本ハンド・ポジション(手をどのように使い、置くかということ)などを学び、その日から自分自身にも、家族やお友達にも実践できるようになります。

この12ポジションに、ただ手をおくだけであなた自身や家族などの身体を活性化し、バランスを整える事が出来ます。

あなたは生きている限り、たとえそのエネルギーを使わなくても、宇宙エネルギーが流れるための回路となります。

しかもこの力は生涯失われる事がありません。これをさして多くの人が 『レイキは一生の財産』・『生涯の宝』と口をそろえて言ってくださいます。

ヴォルテックス/レイキ・ヒーリング・システム(TM) の歩み

レイキ関連書籍 私たちがレイキをお伝えし始めたのが、1993年。
それから20年になります。
それ以来、毎週のように、東京・大阪・福岡・名古屋を中心にセミナーを開催し、全国から毎回20〜30名の受講生がお集まり頂いています。

レイキを始めた当初は確かに素晴らしい手法であることは確信しておりましたが、まさかここまで多くの方々に長い間、喜んでいただけるとは予想を超えてありがたいことと思っています。

このホームページでは 「より心と身体を元氣に、より快適な」生活習慣をつくるための実践的なノウハウやライフスタイルを紹介しています。

レイキ読本・誰でもできる癒しの手 さらにくわしくは、拙著『癒しの手』『超カンタン癒しの手』 (共に、たま出版)をお読みになるか、 無料小冊子『誰でもできる癒しの手』をお読みください。 (ただ今、無料プレゼント中です)


ご希望の方は、こちらからどうぞ ⇒ 小冊子お申込みページ



【ヴォルテックス レイキ・ヒーリング・システム 公式サイト】
ヴォルテックス有限会社 http://www.reiki.ne.jp/
〒108-0074 東京都港区高輪3-11-5-4F
TEL.03-5447-5741 FAX.03-5447-5740


Copyright(C) 2003-2017 Toshitaka Mochizuki All Rights Reserved.